お庭で自家製の野菜作り

転勤族の我が家。今回は賃貸の一軒家に住むことになりました。小さいながらも庭に花壇があったので、念願の家庭菜園に挑戦してみることにしました。
半分はお花、半分は野菜を作ることに。今の時期はやっぱり夏野菜です。
まずはホームセンターで培養土と苦土石灰、化成肥料を購入し、野菜作りの準備をします。
次にピーマン、なす、ししとう、ミニトマトの苗を買ってきました。
ズッキーニといんげん豆は種から育ててみることに。
ピーマンはちょっと小ぶりですがたくさん実をつけています。お店の人に「次々と実がなるので、どんどん採った方がいいですよ」とアドバイスをもらったのでこまめに収穫しています。
でないと、次の実に栄養が行かなくなってしまうそうです。ししとうも同じです。
ミニトマトは鈴なりで実がついています。新芽を間引きしてもぐんぐん育って、小さな苗が子供の背丈以上になりました。
インゲン豆とズッキーニは、初心者の私でも簡単に発芽させることができました。
ようやく実がついて来たので、収穫が楽しみです!夏野菜は水分が切れないように注意しなければなりません。
朝と夕方に欠かさずに水やりをしています。追肥も忘れずに。
即効性があるのは液体の肥料です。根元にぐるっと1周まくだけで、良く育ち元気になります。
夏野菜が終わったら、落花生に挑戦してみようと思い、苗を買ってきました。
名前の通り、花が落ちたところに実ができるそうなので、どんな風に実がなるのか今から楽しみです。今はかわいい黄色い花が咲いています。

Categories: 農作業