バラ、芝生、ガーデニングは自分流で!

郊外に一戸建てを購入し、憧れだったガーデニング(というか庭)を趣味にして早3年が経ちました。
いろいろと庭についてはチャレンジしてみたので、いくつかご紹介していきます。

まず、一番やりたったのはバラの栽培です。
これまではポットの栽培しかできなかったのですが、ついに地植えにチャレンジしました。
肥料はサラブレッドの馬糞をふんだんにつかい、夏はアブラムシを手で取って、丁寧に剪定をして、ようやく花がきれいにさいたのはつい最近、3年の月日がかかりました。
苦労した甲斐あって、我が子のように毎日愛でています。

塀に沿ってツルを誘引するのですが、台風ですぐに外れたり、棘が手に刺さったりと、これまで苦労の連続でした。
英国庭園のようなバラ園が希望でしたが、やってみてかなりの大変さが分かりましたので、分相応の規模で満足しています。

次に、青々した芝生。犬を飼っているので自家製のドッグランを作ろうと、手入れが比較的簡単といわれる高麗芝をホームセンターで買って敷き詰めました。
こちらも肥料や水まきなど、なかなか面倒でしたが、今では寝っ転がれるくらいのキレイな芝生に育ちました。
ただ、夏場はぐんぐん伸びますので、毎週末の芝刈りは欠かせません。
コレが結構重労働なので、電動式の芝刈り機を迷わず購入しました。

ほかには、あえて外壁を作らない部分を残して、緑を植えて、木で目隠しを作りました。
これも3年たって、ようやく目隠しらしく育ってきました。
蓑虫対策が欠かせませんが、自分流に好きにできる緑や庭はやはりかけがえのないものです。
この庭をキープしていけるよう、体力作りに日々夫婦で励んでいます。

Categories: ガーデニング