公園のウォーキング途中でのボス猫とのふれあい

今日も車に乗って近くの公園にいきました。
その目的は健康のためのウォーキングと猫とのふれあいです。
私はマンションに住んでいますが、そこはペット禁止のマンションです。
でも猫好きで、歩いている途中に猫に会うと、必ず「猫ちゃん!」と呼び掛けて手を差し伸べてしまいます。
その公園にはたくさんの野良猫がいて、ある場所に行くと、必ず4~5匹は居るのです。

最近は条例で猫に餌をやるのが禁止されてきていますが、かわいそうで、いつもポケットにクッキーを入れてその公園に行きます。
いつも猫に出合う場所には、雄のボス猫とその仲間たちが日なたぼっこをしています。
私はそのボス猫と仲良くなりました。
最初はクッキーをもらうと、くわえて離れた場所で食べていました。

しかし最近は慣れてきて、毛をなでても膝の上に乗せてもいやがりません。
ボス猫の私に対する態度が変わると、その他の猫の態度も変わって、みんな私に慣れてきました。
今では私が行くとみんなが鳴いて寄ってきます。
みんな人間の都合で捨てられた猫たちですが、寄り添って頑張って生きているのですね。
飽食の時代とか言って、捨てている食料品もいっぱいありますが、そんな無駄なことをするぐらいだったら、猫たちにあげてほしいものです。

Categories: 思ったこと