お庭で自家製の野菜作り

転勤族の我が家。今回は賃貸の一軒家に住むことになりました。小さいながらも庭に花壇があったので、念願の家庭菜園に挑戦してみることにしました。
半分はお花、半分は野菜を作ることに。今の時期はやっぱり夏野菜です。
まずはホームセンターで培養土と苦土石灰、化成肥料を購入し、野菜作りの準備をします。
次にピーマン、なす、ししとう、ミニトマトの苗を買ってきました。
ズッキーニといんげん豆は種から育ててみることに。
ピーマンはちょっと小ぶりですがたくさん実をつけています。お店の人に「次々と実がなるので、どんどん採った方がいいですよ」とアドバイスをもらったのでこまめに収穫しています。
でないと、次の実に栄養が行かなくなってしまうそうです。ししとうも同じです。
ミニトマトは鈴なりで実がついています。新芽を間引きしてもぐんぐん育って、小さな苗が子供の背丈以上になりました。
インゲン豆とズッキーニは、初心者の私でも簡単に発芽させることができました。
ようやく実がついて来たので、収穫が楽しみです!夏野菜は水分が切れないように注意しなければなりません。
朝と夕方に欠かさずに水やりをしています。追肥も忘れずに。
即効性があるのは液体の肥料です。根元にぐるっと1周まくだけで、良く育ち元気になります。
夏野菜が終わったら、落花生に挑戦してみようと思い、苗を買ってきました。
名前の通り、花が落ちたところに実ができるそうなので、どんな風に実がなるのか今から楽しみです。今はかわいい黄色い花が咲いています。

Categories: 農作業

ガーディニングと土いじり

土いじり植物に関する作業が大好きな熟年です、一応半年間の通信教育で樹木医の資格も取ってしまいました。
元元花にはそんなに関心はなかったですが 29歳でメンズショップのお店を持った時にウインドーが洋服だけですとちょっと寂しいような気がして何か変わったものを飾ろうと思って、とりあえずホームセンターで物色してたんですね。
まったく当てもなくいったのですが 豪華な蘭が並んでるコーナーがあって花もいいかな?と見ていたら シンビジューㇺでしょうか、プレートに3か月はきれいに咲き続けます、という文言が目に入りました。
3か月も咲いていてくれたらこれは有り難いな、ということで購入したのが花との付き合いの始まりです。

飾って見るとやっぱり豪華で綺麗なんですよね。それじゃあもう一つ、ということで今度はカトレアを買って飾りました。
花がこんなにきれいで僕の心を引き付ける!と知って家にも買って飾るようになりました。
蘭から始まってその他の花にも興味がわき 庭に花壇を作り 道路に面したほうにも花壇を作り季節の花を植えて楽しむようになりました。
芝生も植えて、余った庭の角地には野菜の苗も植えて。こうなると、花の手入れと同時に草との戦いも始まりました。
牛糞と腐葉土を混ぜ合わせて栄養豊富な土にしたので草もどんどん生えます、朝の日課がまずは水やり2・30分、それぞれの花を観察して元気かどうか確かめて、そうしてると雑草が気になるんですね。

除草剤は使いたくないのでしゃがみ込んで一本ずつ抜きます、どんな小さいものも逃しません、
もうゲーム感覚で草と戦ってます、楽しいです、毎朝!

植物の肥料はなるべく有機肥料にしてますが、追肥としては化学肥料を施します、野菜の方にはしませんですよ。
野菜のほうは疲れた土を再生させるという肥料を少しずつ混ぜ込んで有機物の発生を促してます。
花のほうの鉢にも再生肥料を混ぜ込みます。花類はビックリするほど元気に育ってきれいな花を咲かせています。

この花を見るのが毎朝の日課で幸せな時間です。またネットで全国の花好きさんとの交流をはかっています、花とか種の交換は時々しています。
南ア産のミッキーマウスフラワー(オクナセルラータ)をあるところで知り、この辺りでは売っていないのでネットショップで見つけてすごく安かったので20鉢ほど買い込み半分は花好きさんにあげました。
皆さん喜んでくれてます。これからも花に癒され近所の方にもネットの花好きさんとも花の交流をしていきたいです。よろしくお願いします。

Categories: ガーデニング