憧れのハーブ園のような庭を目指して

旅先でオリーブ園やハーブ園を見た時、こんな素敵なグリーンが我が家にもあったらなと思いました。
引っ越したばかりの頃は、庭づくりがとても楽しみでした。どんなデザインにしよう、どんな木を植えよう、いろいろと考えるのがおもしろくて、毎日ワクワクしていました。
我が家には中くらいの花壇とシンボルツリーを植える用の花壇と 2つあります。

シンボルツリーを植える用の花壇には、1年中、緑の葉をつけてくれるものがよく、オリーブの木を植えることにしました。オリーブは一本では実をつけてくれません。
オリーブにはいくつか種類があり、違う種類のものが隣同士にあると実をつけてくれます。
せっかくオリーブを植えるのだから、実がつくのを楽しみに育てたいと思ったので、大きめの植木鉢を購入し、よくカフェで見かけるようなオリーブのポットも作りました。
そして、シンボルツリーの隣に置きました。実をつける年もあれば、つけない年ありますが、年々大きくなるオリーブの木を見て嬉しく思います。

中くらいの花壇には、育てやすいといわれているミントやローズマリーを植えました。ミントは、アップルミント、レモンミント、パイナップルミントなど香り違いでいくつか植えましたが、想像以上に育ちが早く、どんどん増えてボサボサになっていくので、途中で手に負えなくなりやめました。代わりに、タイムやカモミール、ラベンダーなどを植え、大きくなっていくのを楽しみにしています。

Categories: ガーデニング

ガーディニングと土いじり

土いじり植物に関する作業が大好きな熟年です、一応半年間の通信教育で樹木医の資格も取ってしまいました。
元元花にはそんなに関心はなかったですが 29歳でメンズショップのお店を持った時にウインドーが洋服だけですとちょっと寂しいような気がして何か変わったものを飾ろうと思って、とりあえずホームセンターで物色してたんですね。
まったく当てもなくいったのですが 豪華な蘭が並んでるコーナーがあって花もいいかな?と見ていたら シンビジューㇺでしょうか、プレートに3か月はきれいに咲き続けます、という文言が目に入りました。
3か月も咲いていてくれたらこれは有り難いな、ということで購入したのが花との付き合いの始まりです。

飾って見るとやっぱり豪華で綺麗なんですよね。それじゃあもう一つ、ということで今度はカトレアを買って飾りました。
花がこんなにきれいで僕の心を引き付ける!と知って家にも買って飾るようになりました。
蘭から始まってその他の花にも興味がわき 庭に花壇を作り 道路に面したほうにも花壇を作り季節の花を植えて楽しむようになりました。
芝生も植えて、余った庭の角地には野菜の苗も植えて。こうなると、花の手入れと同時に草との戦いも始まりました。
牛糞と腐葉土を混ぜ合わせて栄養豊富な土にしたので草もどんどん生えます、朝の日課がまずは水やり2・30分、それぞれの花を観察して元気かどうか確かめて、そうしてると雑草が気になるんですね。

除草剤は使いたくないのでしゃがみ込んで一本ずつ抜きます、どんな小さいものも逃しません、
もうゲーム感覚で草と戦ってます、楽しいです、毎朝!

植物の肥料はなるべく有機肥料にしてますが、追肥としては化学肥料を施します、野菜の方にはしませんですよ。
野菜のほうは疲れた土を再生させるという肥料を少しずつ混ぜ込んで有機物の発生を促してます。
花のほうの鉢にも再生肥料を混ぜ込みます。花類はビックリするほど元気に育ってきれいな花を咲かせています。

この花を見るのが毎朝の日課で幸せな時間です。またネットで全国の花好きさんとの交流をはかっています、花とか種の交換は時々しています。
南ア産のミッキーマウスフラワー(オクナセルラータ)をあるところで知り、この辺りでは売っていないのでネットショップで見つけてすごく安かったので20鉢ほど買い込み半分は花好きさんにあげました。
皆さん喜んでくれてます。これからも花に癒され近所の方にもネットの花好きさんとも花の交流をしていきたいです。よろしくお願いします。

Categories: ガーデニング

バラ、芝生、ガーデニングは自分流で!

郊外に一戸建てを購入し、憧れだったガーデニング(というか庭)を趣味にして早3年が経ちました。
いろいろと庭についてはチャレンジしてみたので、いくつかご紹介していきます。

まず、一番やりたったのはバラの栽培です。
これまではポットの栽培しかできなかったのですが、ついに地植えにチャレンジしました。
肥料はサラブレッドの馬糞をふんだんにつかい、夏はアブラムシを手で取って、丁寧に剪定をして、ようやく花がきれいにさいたのはつい最近、3年の月日がかかりました。
苦労した甲斐あって、我が子のように毎日愛でています。

塀に沿ってツルを誘引するのですが、台風ですぐに外れたり、棘が手に刺さったりと、これまで苦労の連続でした。
英国庭園のようなバラ園が希望でしたが、やってみてかなりの大変さが分かりましたので、分相応の規模で満足しています。

次に、青々した芝生。犬を飼っているので自家製のドッグランを作ろうと、手入れが比較的簡単といわれる高麗芝をホームセンターで買って敷き詰めました。
こちらも肥料や水まきなど、なかなか面倒でしたが、今では寝っ転がれるくらいのキレイな芝生に育ちました。
ただ、夏場はぐんぐん伸びますので、毎週末の芝刈りは欠かせません。
コレが結構重労働なので、電動式の芝刈り機を迷わず購入しました。

ほかには、あえて外壁を作らない部分を残して、緑を植えて、木で目隠しを作りました。
これも3年たって、ようやく目隠しらしく育ってきました。
蓑虫対策が欠かせませんが、自分流に好きにできる緑や庭はやはりかけがえのないものです。
この庭をキープしていけるよう、体力作りに日々夫婦で励んでいます。

Categories: ガーデニング