国際バラとガーデニングショウで至福のひととき

5月中旬に所沢にある西武ドームで開催されている国際バラとガーデニングショウに行ってきました。
私はマンション住まいなので、広い庭を持つことはできませんがガーデニングやインテリアの雑誌を眺めるのが凄く好きなのです。

朝、早めにでて会場の10分くらい前に着いたのですがすでに大行列ができていて、会場に入るまで20分くらい並びました。休日でしたので人の混雑もすごかったです。
今回のガーデニングショウのテーマは「Paris」ということで、ナポレオンの皇妃ジョゼフィーヌがバラの愛好家だったそうで、その庭園を再現した庭、また当時ルイ16世とフランス革命後にはナポレオンに仕えた植物画家ルドゥーテの図版が展示されていました。
何処をみてもバラがたくさんで、普段は見慣れない品種や色々な形、色の花を堪能することができました。

各造園業者やガーデンデザインの設計事務所が工夫を凝らした庭の展示をしており、こんな庭があったらいいなあ、こんな庭を作りたいと思いながら鑑賞しました。
テーマはParisということでフランスのバラのナーセリーやフラワーアレンジのプロの方の展示は本場の感覚で見事でした。
アンティークな小物使い、花の配色のセンスがシックで日本の業者の展示とは一味違うものがありました。

あの色彩感覚はどこから来るのか、ヨーロッパの伝統が違うのかと考えされられました。
沢山の素晴らしい品種や展示をみたら自分もバラ苗が欲しくなりショッピングコーナーを見てみました。大きな苗は植えるスペースがないので小さいミニバラでいいかと思い、ピンクとパープルのミニバラを2鉢購入しました。直接農園の方から購入したのでミニバラの苗が500円とかなり安く購入できてよかったです。
いつかは私もバラがたくさん植えられて、ガーデニングが思う存分できるような広い庭がある家に住みたいですね。

Categories: バラ